みなさん、こんにちは!
杉並区巻き爪矯正センターの院長、小池研身です。

巻き爪が痛い、赤く腫れて炎症が起きている、化膿している、肉芽ができてしまっている……。

巻き爪の悩みを抱えて、いざ病院へ行くとき、「そういえば巻き爪の治療は何科がいい?」と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、巻き爪の治療は何科に行くのか、どのような治療法を行うのか、そもそも治るのかなど、巻き爪矯正の治療に関してお伝えします。

一体、巻き爪の治療は何科に行けばいい?

巻き爪の治療は、何科で診てもらうのがいいのでしょうか?結論から言えば、病院へ行くならまずは「皮膚科」です。

巻き爪で痛みが出る場合、爪が皮膚に食い込んでいます。炎症が起きて、皮膚が化膿している場合も多々あります。

まずは皮膚科に行き、皮膚の専門医に見てもらいましょう。

巻き爪

症状が軽い場合は、皮膚科で治療を受けることができます。ところが、既に重症化しており、手術が必要な場合は、外科や整形外科にかかることになります。

中には「巻き爪外来」や「フットケア外来」などの名前で、専門外来を設置し、専門的に扱っている病院もあります。

気になる場合は専門外来を受診してもいいですし、まずは、かかりつけの皮膚科に行っても良いでしょう。

化膿している場合は専門医による治療が必要ですから、まずは皮膚科に行き、炎症を抑える治療を行いましょう。

病院ではどんな巻き爪治療が行なわれる?

巻き爪矯正で病院に行くと、主に次のような治療が行われます。

・食い込んでいる爪を切る
・巻いている部分を切除する(鬼塚法)
・爪と皮膚の間にチューブを差し込む(ガター法)
・巻いている爪を根元から切除する(フェノール法)
・弾力性の強いワイヤーで矯正する(マチワイヤー法)
・ワイヤーで爪を持ち上げる(VHO・インベントプラス)

それぞれの治療内容については、別記事にて説明しています。

(参考)どう違う?巻き爪治療・矯正17選!メリット&デメリット解説

実はどの方法も、「再発する可能性が高い」というのが事実。巻き爪の治療で何科にかかっても、多くの方が症状をぶり返し、また同じ治療を繰り返しているという現実があります。

なぜ治療しても巻き爪が再発する?

先ほど見たように、巻き爪の治療法はたくさんあります。にも関わらず、なぜ巻き爪の症状が再発するのでしょうか?

それは“爪の形だけ”を治療するから。違う言い方をすれば、“巻き爪になる原因”を解消できていないということです。

爪の形を矯正すれば、本来の形や状態に戻り、痛みもとれます。ただし、巻き爪になるということは、原因があるということです。形だけを治療しても、残念ながら再発するリスクがあるのです。

そこで当院では、巻き爪の原因を解消し、巻き爪症状を繰り返さないための「ツメフラ法」を採用しています。

ご来院くださるのは、他の治療法では効果が実感できなかった方や、治療しても、何度も再発したという方がほとんどです。そして、ツメフラ法の効果に驚いてくださいます。

詳しい施術内容は、ぜひ別記事でご覧ください。

(参考)お客様の声

なぜ、ツメフラ法は巻き爪が矯正できる?

ツメフラ法が、他の巻き爪治療と大きく違うのは、「爪質そのものを変える」という点にあります。

ツメフラ法では、巻き爪矯正にあたって十分に足浴し、爪を柔らかくした上で、蓄積したケラチンを除去します。

ケラチン除去

ケラチンの正体は、“硬くなったたんぱく質”。違う言い方をすれば角質、いわば死んだ細胞です。ケラチンが溜まれば、爪の状態がどうなるのか……。望ましくないというのは、お分かりいただけるでしょう。ケラチンが溜まった爪は、本来の状態ではありません。無理やり爪の形だけを変えても、無理が生じます。

そのためツメフラ法では、ケラチン除去によって、“余分なものがない爪”へと丁寧に整えていきます。爪の形だけではなく、爪質そのものを変えていく。だからツメフラ法は、矯正後も再発しにくいのです。

しかもツメフラ法は、爪に優しい!

ツメフラ法は、爪に負担をかけないことも特長です。ツメフラ法は、ストレスフリーを目指した矯正なのです。

なぜツメフラ法は、ストレスフリーにこだわるのか?

その理由は、ツメフラ法を考案した医師が、フェノール法やマチワイヤー法などで治療をしてきた結果、爪に対して多大なストレスをかけていたことが分かったから。

従来の巻き爪矯正法は、いわば対症療法にしかすぎず、巻き爪を治しているわけではない……という反省から、ツメフラ法という画期的な巻き爪矯正法が生まれました。

また、ツメフラ法で使う道具も、優しい矯正器具です。

決して、力任せに巻き爪矯正を行うことはしません。爪が動きたいと感じる方向に矯正をかけるから、余分な負担が爪にかからず、スムーズに矯正できます。

他の巻き爪矯正を試してきた方ほど、従来の治療法とツメフラ法の違いを実感していただけるでしょう。

あきらめる前に、ツメフラ法をお試しください!

巻き爪矯正に悩み、病院へ行く方はたくさんおられます。もちろん治る方もいる一方で、何度もぶり返し、ずっと巻き爪で悩んでいる方が多いのも事実です。

ツメフラ法は、もう治らない……と半ばあきらめていた方でも、一度の施術で爪の形が戻り、痛みがとれ、靴が楽に履けて、歩いても痛みを感じなくなると喜んでくださいます。

しかも、痛みを感じない施術というのも、ご来院くださる皆さんが喜んでくださるポイントです。施術する立場としても、うれしいことだと感じています。

根本原因を解消するなら、ツメフラ法をおすすめします。

ただし、巻き爪が炎症を起こして化膿している場合は、医師による治療が必要となります。

まずは皮膚科で適切な治療を行った上で、ぜひ当院にお越しください。ツメフラ法でサポートします!


The following two tabs change content below.
小池 研身(こいけ けんみ)

小池 研身(こいけ けんみ)

杉並区巻き爪矯正センター院長。ツメフラ法は無理やり切ったり、引っ張ったりといった施術は一切ありません。痛みのない施術ですから安心してご利用いただけます。私が全力でサポートさせていただきますので、少しでもお悩みの方は、ぜひお早めにご相談ください。

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。

杉並区巻き爪矯正センターの施術の特徴

巻き爪の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
杉並区巻き爪矯正センターは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5929-1577 受付:月~金10:00~20:00/土日祝10:00~19:00
営業:月~金10:00~21:00/土日祝10:00~20:00
休業:毎週火曜(祝日除く・臨時休業あり)
住所:東京都杉並区阿佐谷南1-46-11 大橋税務会計ビル1F
最寄駅:阿佐ヶ谷駅徒歩5分
地図・行き方